新人看護師にまつわるハプニングあれこれ

入職初日から香水の匂いはするは、爪は長いはのびっくり新人看護師

20代男性からの投稿
整形外科病棟5年目

香水に長い爪の新人看護師

急性期病院における整形外科病棟につとめて5年目になります。自分なりに先輩に質問したり、Drに手術様式を聞きながら勉強しながら頑張っています。
働いている病院は、人工関節置換術が多い病院です。
その他にACLや重度外傷の患者さんも多くいます。
介助量の多い患者さんも多く、毎日バタバタしながら働いています。
病棟に2名の新人看護師が入ってきました。
その内の1名が全く人の話を聞かないびっくり新人でした。
その新人看護師は、何度忠告しても全く人の話を聞きません。
入職初日から香水の匂いはするは、爪は長いはで看護師としての自覚が本当にあるのかという身なりでした。
周囲からの忠告もかなりあったので、その時は本人も反省しているようにも見えたのでホッとしましたが翌日も全く変わっていなかったので驚きました。
聞くと、「企業に勤めている友達と同じ格好をしているだけなのに、なんで私だけ注意されるんですか?私は私でいたいのです。」ときっぱり。
師長たちも呆れ顔でした。
その後も業務内容でもミスを連発しましたが、それに関しても全く聞き入れず、かと思えば男性の医師・看護師の意見はすぐ聞き入れ、修正するので男性陣からは人気者でした。

新人看護師はまず患者さんの事を考えて行動できるようになること

まずはじめに、身なりや心構えなど社会人として最低限必要なものを身に付けていて欲しいです。
そして、看護師として患者さんに接するということはどういうことかを考え直してほしいと思います。
美容院や洋服屋の店員ではないのだから、節度をもつことは言うまでもありません。
術後の痛みを抱えている患者さんは身体的にも心理的にもストレスが大きいため、もっと患者さんのことを考えて行動してほしいです。
それが私たち看護師の仕事なのですから。

患者さんへの思いやりを忘れずに

私も初めて社会に出て働き始めた頃は忙しくて毎日が大変だった。
でも、なんでも勉強だと思い頑張ってきました。
最近の新人看護師は仕事をそつなくこなすようにというだけで、患者への思いやりがあまり感じられません。
毎日とくにかく忙しい仕事だとは思います。
でも、直接「ありがとう」と言われる仕事はあまりないと思います。
上司や先輩ナースの言うことはしっかりと聞いて勉強し、患者さんへの思いをしっかりと出して仕事に励んでください。